Calineczka - grafika reklamowaZynaptiq PITCHMAP(ザイナプティック / ピッチマップ)(オンライン納品専用) ※、後払いはご利用頂けません。【送料無料】

Zynaptiq PITCHMAP(ザイナプティック / ピッチマップ)(オンライン納品専用) ※、後払いはご利用頂けません。【送料無料】:パワーレック鍵盤堂

Whats is done in love, is done well

【送料無料】(業務用3セット) 【純正品】 EPSON エプソン インクカートリッジ 【IC9CL64 9色パック】

przewiń w dól Menu

511 410 358

?オンライン納品製品に関する注意事項
※こちらの製品は全てオンライン納品専用となっています。
  • 製品シリアルナンバー及びダウンロード手順説明PDFは当店よりEメールにてお知らせ致します。
  • プラグイン本体及びマニュアルはメーカーサイトよりダウンロードして頂く必要があります。
  • シリアルナンバー、PDF資料は全てオンラインで納品され、品物はご自宅に配送されません。
  • オンライン納品製品という性質上、一切の返品・返金はお受け付け致しかねます。
  • 支払方法は決済はご利用頂けません。
  • メーカーサイトのメンテナンス時など、シリアル発行まで数日かかる場合がございます。平常時はご決済完了後、2~3日以内に発行させていただきます。

以上、予めご了承の上ご注文下さい。

※画像中、商品パッケージ風の画像はイメージとなります。実際はパッケージはございません。

サウンドにきらめきを

PITCHMAPは、ミックス・シグナル内の個々のサウンドのピッチをリアルタイムで処理できる、世界初かつ唯一のプラグイン*。MIDIキーボードを使用したり、効率のよいGUIを使用してピッチ・マップを作成したりすることでオーディオのメロディやハーモニーを編集でき、さらにオプションとしてチューニング修正を加えることも。

またミックスから特定のサウンドを削除/抽出し、シンセサイザーのような高度なサウンド変形をオーディオに適用させることも可能です。PITCHMAPは、インスピレーションを提供する楽器であり、正確な補正ツールであり、文字どおり自らの手による楽曲のシェイピングを可能にする唯一のプロセッサーなのです。

PITCHMAPは様々な用途に幅広く活用できます。そのうちのいくつかを紹介しましょう。

MAPテクノロジーでピッチをコントロール

Zynaptiqのミックスシグナル・オーディオ・プロセッシング(MAP)テクノロジーをベースとするPITCHMAPは、入力シグナルを倍音やトランジェントを含む個々のサウンドへと分割します。このテクノロジーは非常に高度なものであり、人工知能用途にも採用されている知覚モデリングとパターン認知技術が実装されています。分割されたサウンドは、その後個別にチューニングを修正したり、他のピッチにマップする(ピッチ・マッピング)したりすることが可能。また、MAPは操作が簡単で効率性に優れたPITCHMAPのミックス要素の抑制および分離機能の動力ともなっています。もちろん、すべてリアルタイムで動作します。

「ナチュラル」なサウンド

ZynaptiqのMAPプロセスは、蝸牛およびデータの解釈を行う脳領域など人間の知覚器官のモデルをベースとし、正しい設定と適正量のピッチ補正により、非常に自然なサウンドが得られるようになっています。しかし、人間の声はどのような楽器とも大きく異なる非常に特殊な音響トポロジーを持っており、また人間の聴覚は声に含まれる極めて繊細な音響変異も捉えられるよう訓練されています。そのため、これまで楽器と人間の声を同時に処理することは困難であるとされてきました。この課題に対応するため、声要素を認識し個別に処理する知能レイヤーを別途追加。Zynaptiqはこれを「ナチュラル・モード」と呼んでいます。

エレクトロ&クリエイティブ

ピッチ補正アルゴリズムを利用した音声効果(ケロボイス)もPITCHMAPで作成可能です。しかも、MAPプロセスなら、さらに高度なオプションを利用できます。合成サウンドの特長を弱めたり強調したりできる[Purify]および[Electrify]パラメーター、ポリフォニックのポルタメント・オプション[Glide]が追加されています。これらのパラメーターをライブMIDI機能と組み合わせることで、斬新なサウンド・デザインを可能にするユニークなシンセサイザーへとPITCHMAPを変化させることもできます。

高い知識は不要

DSPコード自体は極めて複雑ですが、ピッチ・マッピングのプロセスは至ってシンプル。MIDIキーボードでノートを再生するか、洗練されたユーザー・インターフェース上でスライダーをドラッグするだけで、ソース・ピッチをターゲット・ピッチに割り当てることができます。また、あるキー/スケールから別のキー/スケールに数クリックで変更できる専用のマクロ・コントロールを使用すれば、コンピューターにピッチ・マッピングを任せることができます。ミックス・シグナル内でのピッチの変更は、これまでにないほど直感的で音楽的になりました。チューニングの即時補正、正攻法のリハーモナイゼーション、作品のピッチの複雑な再構築。どのような用途であっても、PITCHMAPがしっかり処理します。

超高速

ワークフロー効率をさらに向上させるよう、総合的なスナップショット機能を搭載。8スロットのスナップショットを使用すれば、複数の設定間で比較したり、録音素材内のさまざまな部分に同一プロセスを適用したり、簡単にパラメーター・オートメーションを作成したりできます。PITCHMAPなら、簡単に結果が得られるだけでなく、あらゆるディテールにアクセスすることがで可能なのです。

システム要件

Możemy coś dla Ciebie zaprojektować?    -    porozmawiaj z Michałem:    511-410-358    /    info@calineczka.eu

Copyright © Calineczka.eu